キャンプ初心者

キャンプに必要なものとは?4つのカテゴリー別に紹介!

キャンプに必要なもの

キャンプ道具にはリビングアイテム、キッチンアイテム、べッドルームアイテム、そしてキャンプがより一層楽しくなるアイテムの大きく四つのカテゴリーに分けることができます。 ただしすべてを一度に揃えようとすると持ち運びや経済的に大変です。その為、あせらず必要なものから順番に買い揃えていきましょう。

キッチン周り

食材を保管・謂理するための必須アイテム。 冷蔵庫代わりのクーラボックス、ダッチオーブン、スプーンやフォークなどのカトラリー、食器などがあります。キッチングッズは必須アイテムやアイテム自体の種類が特に多いため、始めは自宅にあるグッズ等で代用、その後必要なものを少しづつ買い足すのがおすすめです。

ツーバーナーなどの調理グッズ

食材の下ごしらえのための調理セットや料理を作る必須アイテム。フライバンやダッチオーブン、お湯を洟かすためのキャンプケトルなど多くの器具があります。キャンプに行く人数や、キャンプ時何を調理するかで大きさや性能を決めると良いです。

クーラーボックス

とくに春~夏のキャンプでは欠かせないアイテム。食材や飲み物の保存、持ち運びに重宝します。 高価な真空断熱バネル製から、安価な発泡スチロール製までさまざまな素材のものが販売されているので自分に合ったものを選ぶようにしましょう。大きさも豊富にあるのでキャンプに行く人数や買う食材の量で決めるようにしましょう。

食器

忘れがちだが必須のアイテム。紙製の使い捨て食器がおすすめです。百均やスーパーなどで販売しています。使い捨て食器はもし余った場合でも、次回使いまわすことができるのでやや多めに購入しても良いでしょう。また、コンビニや売店などにもよく販売している場合が多いので、万が一忘れた場合でも調達しやすいアイテムです。

カトラリー

箸やスプーン、ナイフ、フォークなど食事で便う道具です。
キャンプ用のカトラリーは持ち運びに便和な軽量でコンバクトなものが多いので出来れば買い揃えた方が良いです。また、百均で販売している使い捨てのプラスチック製、木製スプーンも軽量のため持ち運びに便利なのでおすすめ。

リビング周り

キャンプではまずゆったりくつろげる空間がとても重要。その際に必要となるのがリビングアイテムです。自宅のリビングをキャンプ場に作ると考えると具体的なイメージしやすく、アイテムを買い揃えやすくなります。とくにタープはリビングの基本となる重要アイテムなので、しっかりと選ぶようにしましょう。また、タープ以外にもバーベキューに欠かせないリビングアイテムをいくつか合わせてご紹介します。

バーベキューグリル

バーベキューグリルはBBQを行うのに必須アイテム。卓上タイプや焚き火台タイプ、スタンダードタイプまで様々な種類があります。たき火もできる焚き火台タイプは後片付けも楽に出来るためおすすめです。

テーブル

何かと役に立つテーブル。基本的にはハイスタイルとロースタイルの二種類があります。たくさん物を置くことができる大きめサイズがおすすめ。またBBQグリルを囲むテーブルなどもあり、好みやキャンプスタイルに合わせて選びましょう。

チェア

キャンプをのんびり快適に過ごすために欠かせない必須のアイテム。ローチェア、ハイチェアからリクライニング付きのチェアなど様々な種類のものがあります。チェアはテーブル以上に持ち運びをすることが多いアイテムのため、折り畳み式であることはもちろん、サイズや重さなども考慮して選びたいところ。

タープ

タープとは支柱の上部にシートがついたもの。日よけとしてのタープは非常に重要。夏場だけでなく、冬場でも日差しは強いので確実に必要なキャンプ用品。雨なども防ぐ目的もあるので頑丈なものを選択しておこう。タープの種類は大きく分けてメッシュ素材で覆われたスクリーンタイプと屋根のみのオープンタープがあります。

ベッドルーム周り

快適な睡眠を得るのに欠かせないアイテムです。キャンプ場に「寝室」を作るものと考えればイメージしやすくなります。テントやシュラフ、 マット、そしてランタンなどの照明器具が主に挙げられます。睡眠の質はその後一日の生活に関わり、とても重要なのでベッドルームアイテムもしっかり選びましょう。

ランタン

キャンプ場では光がほぼ無いので、夜これなしでは真っ闘なテントの中で休むことになります。光が無いと夜行動する際にも支障が出るので、ランタンは忘れず購入し自分で光を確保しましょう。ランタンにはガソリン、ガス、LEDなどさまざまなタイプがあります、テントの中での利用はLEDタイプが手軽に使えておすすめです。

テント

キャンプ時の「家」となるテント。種類も豊富で、軽量でコンパクトなドームテントから、リピングスペースを確保できるツールームテント、一本のポールで支えるワンポールテントなど沢山あります。大きさや組み立てやすさ等を考えて自分に合ったものを見つけるようにしましょう。

シュラフ

気温や地面からの冷却を防ぐ為に必要なのがシュラフ(寝袋)。シュラフにも封筒型(レクタングラー型)やマミー型(人型)など様々な種類があり個々に特徴が大きく異なるので、使いやすいものを選びましょう。

マット

シュラフと床の間に敷いて地面の凹凸を吸収・軽減してくれます。マットがあると、さらに快適な睡眠環境をキャンプ場で得られるので購入しておきたいところです。

その他あると便利なアイテム

上記ではキャンプに必須な調理アイテム、寝具アイテムをご紹介しましたがキャンプはバーベキューなどを食べるだけが楽しみではありません。暖を取りつつ雰囲気を楽しむ焚き火やみんなで遊べるグッズがあれば、より一層キャンプを楽しむことができます。余裕があればこれらのアイテムも用意しておきましょう。

焚き火台

最近のキャンプ場は事故につながる危険性から、地面に直接火を起こす着火を禁止しているキャンプ場が増えつつあります。その際に必要になるアイテムが焚き火台です。直火OKのキャンプ場にしか行かないという方も、持っていて損はないので、万が一に備えて持っておくと良いです。収納サイズや重量、調理も可能なタイプか等を見て選ぶと良いでしょう。

遊びグッズ

キャンプ場では普段都会ではできないような場所を多く使った遊びが可能になります。そのためみんなで楽しめる遊びグッズも揃えておきたいところ。例えば凧揚げやローラースケート、フリスビーなどがあります。大人も子供も一緒に楽しめるような遊びグッズもそろえておくと退屈することなく、一段とキャンプが楽しくなるはずです。

 

少しずつ必要なものを買い揃えよう

キャンプ道具を揃えようと思っても、最初は何から始めたらよいのか分からないはず。キャンプサイトは1LDKの家を作るイメージで、快適性を第一に考えて必要な道具を揃えていくとわかりやすいです。上記のように「リビングアイテム」「キッチンアイテム」「ベッドルームアイテム」「キャンプがもっと楽しくなるアイテム」と大きく四つのカテゴリーに分け、居住性や快適性第一にそれぞれ優先順位をつけて順番に買い揃えていくのがおすすめです。

-キャンプ初心者

Copyright© キャンプマニア , 2020 All Rights Reserved.