キャンプ用品・道具

料理のクオリティが変わる!調理道具とクーラーボックスを紹介!

調理道具の充実は料理の質に直結

アウトドアでの料理をサポートする調理道具。普段使用しているものでも出来なくはないですが、キャンプ専用の調理道具を揃えればアウトドア料理のバリエーションが増え、料理もさらにおいしくなります。そこで機能性バツグン、収納のしやすさも兼ね備えた便利な調理器具を紹介します。

重ねてスタッキングできるものが良い

キャンプ用の調理器具と普通の調理器具の違いは、重ねてコンパクトに持ち運ぶことが可能な点です。食器もコンパクトに収納できる機能的なものが多く、その分空いたスペースに他の調理道具を追加することが可能になります。

便利なツール

調理器具が増えると料理の種類を増やすことが可能になり、キャンプをより楽しむことができます。そこでこの項目では、買って損はない便利な調理ツールを五つご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

ホットサンドクッカー

クッカーに食パンと好きな食材を挟んで焼くだけで、簡単にホットサンドを作ることができる便利な調理器具です。手軽に作ることができるので人気があります。種類によってはハンドルやプレートを分解して手入れしやすいものもあります。キャンプ用の調理器具を選ぶ際には、手入れのしやすさも考えて選びましょう。

ちびパン

少人数のキャンプやソロキャンプにおすすめのちびパン。一人分の料理やちょっとしたおつまみを作るのに最適なサイズのフライパンです。軽く、シンプルなデザインなので、普通のフライパンと比べ手入れがとてもしやすいです。

おつまみクッカー

たこ焼きやおつまみなどが簡単に作ることができるおつまみクッカー。持ち手があるプレート上なので、市販のたこ焼き器より手入れがしやすく普段使いも可能です。

キャンプ羽釜

アルミ構造の羽釜でよりおいしくご飯を炊くことができます。アルミなので、普通の羽釜より比較的軽めなのも特徴。大きいサイズのキャンプ羽釜にすれば大人数にも対応可能です。

ウォータージャグ

キャンプでは水は水場まで行って汲まなければいけません。その時一度で大量の水を汲めて、持ち運びを可能とするのがウォータージャグです。水は調理時以外にも手洗いや、水分補給の際にも必要不可欠な物なのでウオータージャグが一つあるだけでキャンプをより快適に過ごすことができます。

また、水をくむ目安として家族四人の場合、一日あたり8~10Lあれば大丈夫です。

ハードクーラーは一生ものと考えて高品質を選ぶ

キャンプサイトは基本的に電源設備がない場所が多いので、冷蔵庫など使うことができません。電気を使わないクーラーボックスは食材の鮮度を保つ重要なアイテムです。クーラーボックスは、特に食材が傷みやすい夏場以外のキャンプでも欠かせないので高機能、高品質のものを選びましょう。

デイキャンプなら30~50Ⅼが良い

家族四人のデイキャンプの場合、必要なクーラーボックスのサイズは30~50Lが目安です。50Lは500mlのペットボトルが34本入るサイズです。しかし、実際に食材を入れた際に隙間ができたり保冷剤を入れることも考えなくてはいけません。ですのでハードクーラーの他に、ソフトクーラーを併用するなどしてクーラーボックス全体の容量を調整しましょう。

サブ使いにはソフトクーラー

ハードクーラーよりも安く、やわらかい素材のソフトクーラーは飲み物の保冷におすすめ。ハードクーラーと使い分けることでその長所を活かすことができます。クーラーボックスを選ぶ際には、まず保冷力その次にサイズを重視して選びましょう。

キャンプ以外でも出番が多い

ソフトクーラーは軽量で持ち運びしやすいため、キャンプ以外の行事やイベントでも出番が多いです。そのため持ちやすい形状であるかどうかなど、デザイン性も重視したいところ。

使わないときはコンパクトにたためる

ハードクーラーはたたむことはできませんが、ソフトクーラーはやわらかい素材のため、使用後や使わない時にコンパクトにたためて収納ができるのが特徴です。持ち手部分はまとめられることがないものが多いので、たたんだ後でも持ち運びがしやすいように設計されています。

一番手軽にピクニックスタイル

ピクニックスタイルはレジャーシートとランチ、水筒だけでキャンプを楽しむことができるので初心者の方におすすめです。中でもレジャーシートはピクニックスタイルの際に唯一の腰を置く場所になるので、長時間座っていても大丈夫なものを選びましょう。

レジャーシートは大きめ、防水性が重要

レジャーシートは使用人数よりも大きめのサイズを選ぶと、窮屈せず快適に過ごすことができます。場所に余裕もできるので、荷物も汚すことなくシートの上に置けます。また、防水性のレジャーシートは地面からの湿気を防ぐだけでなく、使用後土の汚れも落としやすいので手入れもラク。

クッション性の高いシートはテントマットにもできる

クッション性の高いレジャーシートは地面の凹凸をカバーするので、長時間座っていても楽に過ごすことができます。厚みのあるレジャーシートの場合、そのクッション性を活かして地面に敷くテントマットとして使えて、泊りのキャンプ時にも活躍します。

水筒がちょうどいいサイズ

ピクニックスタイルの場合、ウォータージャグは大きすぎるため必要ありません。代わりに保温・保冷機能に優れた水筒に飲み物を入れて持参するのがおすすめ。水筒を選ぶ際は手入れがしやすく、衝撃に強いものを選びましょう。

食器やカトラリーはひとまとめ

食事の際使用する食器やスプーンなどのカトラリーアイテムはひとまとめにできるケースがあると収納しやすく、散らばることもないのでおすすめです。ピクニックスタイルならば、定番のバスケットを使うことで雰囲気が出て気分も上がります。ちょっとしたミニテーブルとしても使えるので無駄がありません。

-キャンプ用品・道具

Copyright© キャンプマニア , 2020 All Rights Reserved.