キャンプ用品・道具

キャンプ時に必須!3種類のリビンググッズの特徴を紹介!

タープで自然の中にリビングを作る

家屋に例えた際、タープはリビングとなる場所です。中にテーブルを置いて、みんなでキャンプを楽しむことができる無くてはならないもの。テントは靴を脱いで入りますが、タープは屋根のみなので土足まま中に立ち入ることが可能です。また、急な雨が降った際の避難場所としても活躍します。タープにも様々な種類があり、今回はその種類ごとの特徴をご紹介します。

タープの種類

タープは主に三種類あります。それぞれ異なった特徴を持っているので、自分のキャンプスタイルに合ったタープを選びましょう。

ビギナー向けのヘキサタープ

三種類のタープのうち、設営の簡単さで選ぶならヘキサタープがおすすめです。ヘキサタープは、大きな布地を山折りにして両端の二点をポールで支える構造です。とてもシンプルな構造のため、ヘキサタープを張る角度を変えるだけで解放的な張り方、雨風をしのぐことができる張り方に調節することが可能です。また、軽くて持ちやすいので設営のコツさえ覚えれば、一人でも設営ができることが特徴です。

大人数ならスクエアタープ

スクエアタープは正方形の布を山折りにし、四隅をポールで支える構造です。ヘキサタープよりも重く、ポールが多いため設営の手間もかかりますが頑丈です。軒が高く、大人数でも自由に出入りできることが特徴。大人数が参加するイベント時におすすめのタープです。

快適さ重視のスクリーンタープ

スクリーンタープは床がないことを除けば、テントと変わりはありません。しっかりとポールを組み上げて屋根と壁を張らせた構造。屋根の他に壁となる布がある為、悪天候時は締め切って雨風を完全にしのぐことが可能です。虫の侵入を防ぐメッシュスクリーンもあるので夏のキャンプ時、虫に邪魔されることなく快適にキャンプを楽しむことが特徴です。

ハンモックで贅沢気分を味わう

テント内で寝ようとしてもサイトの地面には石や枯れ枝が散らばっていることが多いので、まずはサイトの地面の整地が必須。腰をかがめての作業は大変と思う方も多いと思います。そんな方にはハンモックがおすすめ。地面に触れることが無いので、サイトの整地は不要。設営してすぐに寝転がることができます。

ハンモックの種類

ハンモックにも屋根付きのものやテント型のものなど、それぞれ異なった特徴があります。ここではハンモックの種類と特徴をご紹介します。

木が無いならハンモックスタンドを使用

ハンモックを持ってきたのはいいけれど、草原のサイトには木が生えていない時にはハンモックスタンドがおすすめ。木を必要としないのでどこでもハンモックを吊るすことができます。サイトだけでなく屋内でもハンモックを吊るすことが可能です。ハンモックスタンドにも、スチール製、木製など様々な種類があります。

安定の木に吊るす

基本的なハンモックの中にも、180㎏もの耐荷重に耐えられる丈夫なハンモックや二人は乗せることができる大型のものなどがあります。生地も様々なので自分好みのハンモックを選びましょう。

屋根付きハンモックならテント代わりにも

ハンモックといえば屋根がないので雨天時には使用できないイメージがありますが、その欠点を補ったものが屋根付きハンモックです。屋根がついているので、テントとしても使用可能です。虫も寄せ付けることなく、快適に過ごすことができるので夏場のキャンプ時におすすめです。

ハンモックテントで空中キャンプ

通常のハンモックは不安定なため、姿勢が制限されがちですがハンモックテントの場合は空間を確保できるので寝転ぶことも座ることも可能です。三角屋根の部分は約1mの高さがあり、十分な強度も兼ね備えているため安心して身を任せることができます。重さは13㎏とやや重いですが、その分快適に過ごせること間違いなし。

ハンモックを吊るす際のポイント

ちょうど良い木を探し出すポイントをあわせて覚えておきましょう。直径15㎝以上の枯れ木でない生きている木であることが必須です。木々の間隔としては、4~5mくらいの間隔が良いです。万が一落ちた際、安全に地面に着地できるようにハンモックの下に尖った石があれば取り除きましょう。

また、ハンモックを木に張る際には幹にタオルや新聞紙などを巻いてからロープを巻き、樹皮をなるべく傷めないようにしましょう。

快適なチェアを選ぼう

チェアはキャンプ時、腰を落ち着けることができる貴重な場所です。だからこそ、自分にとって快適に過ごすことができるチェアを選びたいもの。この項目ではキャンプ用チェアの種類をいくつかご紹介します。

購入する際ネット販売では座りごごちがわからないので、店頭で実際に確かめてから購入するようにしましょう。

チェアの種類

チェアにも様々な種類があり、キャンプでどう過ごしたいかによって選ぶチェアは異なります。今回は基本的なロースタイル、ハイスタイルのチェア以外にもベンチ型のチェア等、少し変わったチェアもご紹介します。是非、チェアを選ぶ際には参考にしてみて下さい。

ロースタイルはおしゃれにウッドフレームタイプ

ロースタイルのチェアを選ぶ際には、ウッド素材のテーブルとの相性と高さ、安定性を重視しましょう。ロースタイルのチェアは、座面高が地上から40㎝程度の高さがおすすめ。また、ロースタイルのチェアは木を使用したものや曲線のフォルムなど温かみを感じさせるデザインが数多くあるので、自分に合ったものを選びましょう。

ハイスタイルはスタイリッシュなチェア

ハイスタイルのチェアは、座ってもすぐに立ち上がって動くことができるので、大人数の野外パーティーなど動き回る機会が多いイベント時に向いています。素材は丈夫なアルミフレーム。中にはドリンクホルダーが付属しているチェアもあり、機能性はバツグン。

ベンチ型のチェアで荷物軽減

ベンチは大人数のキャンプ時、一台は持ち込みたいところ。アウトドア用のベンチは主に金属の骨組みにシートを張った構造で、普通のキャンプ用チェアとほぼ変わりません。夏はそのまま、冬はクッションなどをシートの上にかけてソファとして使用することも可能です。また、その広さを活かした簡易的な寝床にもなります。

超軽量チェアで持ち運びラクラク

超軽量チェアは他のチェアと比べてかさばることがなく、折りたためば片手サイズに収まり、全体の重量が一キロにも満たないことが特徴です。その上、下半身を柔らかく包み上げるような極上の座り心地の良さも兼ね備えているので、キャンパーからの人気を集めています。

家族では子ども用チェア

子ども用のチェアは前後に倒れないようにデザインが設計されています。子どもがキャンプ時はしゃいでチェアを大きく揺らした場合でも、脚が折れてケガすることが無いように頑丈に作られています。また、子ども用チェアを使用することでハイスタイルのテーブル使用時にも、家族と同じ目線で食事をすることが可能です。

-キャンプ用品・道具

Copyright© キャンプマニア , 2020 All Rights Reserved.