キャンプ用品・道具

キャンプで揃えたい道具とは?4つの目的別に紹介!

スタイルと目的によって揃える道具は変化する

キャンプ道具はどういった目的で行くのかによって、揃えるものが大きく変わります。まず、スタイルは大きく分けるとロースタイルとハイスタイルに分けられます。また、ハイスタイルでもロースタイルでも家具のスタイルはどちらかに統一することが重要です。スタイルを統一することで、キャンプ時の過ごしやすさが大幅に変化します。この項目では、キャンプの目的別におすすめのスタイルをご紹介します。

ロースタイルで安らぎ空間を

ゆったりとくつろげるロースタイルは、夫婦や一人キャンプなど少人数のキャンプ時におすすめ。安らぎの空間を演出するコツは、揃えるグッズ全体の目線を低くすることです。例えば、ロースタイルで揃えたグッズの中に一つでも背の高い物があると、とても邪魔に感じます。ですので、背の高いキッチングッズ等は少し離れた場所に設営するようにしましょう。

木製のアイテムがグッド!

グッズはアルミ製の物でも大丈夫ですが、木製のものを合わせることで雰囲気がでて、より安らぎの空間を演出します。テーブルや食器は木製で統一して、チェアも雰囲気を壊すことがない布地のもので合わせるのがおすすめ。もちろん全てロースタイルのもので揃えましょう。

ハイスタイルはアクティブに

立ち仕事がしやすく、座ってもすぐに動けて機能的なハイスタイル。大人数が参加するキャンプ時やイベントにおすすめ。ハイスタイルのキャンプ道具は、耐久性に優れたアルミ製やスチール製が大半のため調理台と兼用することが可能です。

大人数向け

オフィスのようなハイスタイルのチェアは正しい姿勢で座ることができ、テーブルもてきぱき作業がしやすいようになっています。なので、大人数が入れ替わり立ち歩くBBQイベント時など、アクティブな場にピッタリのスタイルといえます。この場合ももちろん全てハイスタイルで統一するようにしましょう。

その他おすすめのキャンプ道具

家具のスタイルを紹介しましたが、ここではより具体的な目的に沿って重点を置きたいキャンプ道具をご紹介します。主に四つの様々な目的に分けていますので、キャンプへ行く際に参考にしてみて下さい。

1 まったり派はチェアやハンモックを

アウトドア時に一度はやってみたいハンモック。もし吊るすのにちょうど良い木がなくても、ハンモックスタンドがついている製品ならば吊るすことができるのでおすすめです。その他にも蚊帳付きのハンモック等、快適性を重視したグッズが多くあります。また、チェアもリクライニングすることが可能なアウトドアチェアで、リラックスして眠ることもできます。

2 BBQを楽しむならグリルにこだわりを

デイキャンプ時にもBBQだけは外せないという方は、BBQグリルにこだわりましょう。BBQグリルは通気性が良く、燃料の追加が簡単に出来るものがおすすめ。また、蓋つきのBBQグリルは肉の外はサクサク、中はしっとりと仕上げる優れもの。蓋つきは密閉することが可能なので、BBQ以外にもスモーカーとして使用することが可能です。

3 レジャーグッズでアクティブに

キャンプ場では、普段できないような場所を広く使った遊びをすることが可能になります。広々とした場所を使った遊びがしたい方におすすめしたい三つのレジャーグッズをご紹介します。なお、キャンプ場には他のキャンパーもいるので周囲を気を付けて、迷惑が掛からない範囲で楽しみましょう。

トランポリン

トランポリンは、手動で膨らませなくてはいけないので大変と思う方がいるかもしれません。しかしトランポリンにも様々な種類があり、中でも電動ポンプがついたトランポリンは、誰でも簡単に膨らますことができるのでおすすめです。また、一つのトランポリンでも中のネットを取り除けば、浮き輪やプールとして使うことができる多機能なトランポリンもあります。

ドッチビー

柔らかいプラスチック素材のフリスビーは、ドッヂボールに比べて当たっても痛くないのが特徴。子どもから大人まで安全に遊ぶことができます。また、軽く水にも浮くため海沿いでも使うことが可能です。

スラックライン

スラックラインとは、ベルト状のラインの上を歩いたり飛び跳ねたりする綱渡りの進化系ともいえるスポーツです。スラックラインはラインとよばれる平らなロープさえあれば手軽に楽しむことができるため、キャンプで遊ぶ際にも最適です。

4 ソトメシ追及派は調理器具を充実させよう

デイキャンプ時でもBBQだけでは物足りない、しっかりと調理したいという方にはBBQグリル以外のキッチン道具にも重点を置きましょう。炭火や煙を利用した、アウトドアならではの料理には以下のキッチン道具がおすすめ。

スモーカー

燻製を作る為のキッチン道具です。チップと食材を仕込んで、バーナーの上にのせることで燻製を作ることが可能です。チップにもサクラチップやヒノキチップなど様々な種類があり、個々に特徴が大きく異なる為それらのチップと様々な食材を組み合わせて、お気に入りの燻製を探してみるのも良いかもしれません。

ホットサンドクッカー

ホットサンドクッカーはキャンプの朝食時にも手軽に作ることができるほか、食材を組み合わせて自分好みのホットサンドを作ることが可能なため、楽しんで作ることができます。一度に二つホットサンドを作ることができるホットサンドクッカーもあり、夫婦や親子での食事に重宝します。また、おすすめはフッ素加工が施してあるもので、はみ出した具などが焦げ付くことがなく、後始末も楽にできます。

-キャンプ用品・道具

Copyright© キャンプマニア , 2020 All Rights Reserved.