キャンプ場・施設・設備

キャンプはどこでやる?3種類の宿泊施設と充実した設備を紹介!

キャンプ場の種類

キャンプ場は砂、芝生、土などペグを打った時でもテントを張りやすいように整備れています。トイレや水場など基本的に生活に必要な設備はそろっていますが、中にはテーブルや電源などが設置されていたり、コテージの場合だとベッド・トイレ・風呂・温泉などが付いているキャンプ場もあります。ここではキャンプ場宿泊施設と設備をそれぞれ3種類ご紹介していきます。

1 コテージ

キャンプ場種類のうちの一つとして、コテージがあります。冷暖房完備の上、家電やベッド・冷蔵庫まであり、気候や気温に左右されず快適に過ごすことが可能です。下記で紹介する二つのサイトと比べると値段は高くなる場合がほとんどですが、気軽にキャンプを楽しむことが出来るため、初心者の方におすすめの宿泊施設といえます。

2 オートサイト(区画サイト)

二つ目の施設も初心者の方向けのキャンプ場で、オートキャンプ場があります。オートキャンプ場は区画整理されており、駐車場とテントを張る場所がセットになっているので重い荷物も車でラクラク。 さっと出して設営、撤収が可能で気軽にキャンプと大自然を楽しめます。また、電源付きのサイトもあり、キャンプでも炊飯器やカーペットなどの電化製品が使えるので、寒い夜や炊事の際にも快適にキャンプを楽しむことが出来ます。

3 フリーサイト

上級者向けのキャンプ場としては、フリーサイトがあります。サイトと駐車場が別なことがほとんどで、 道具はすべて自カで持ち込む必妻があり、運搬用のカートがあれば便利です。フリーサイトの最大の魅力は、他のキャンプ場と比べ、とにかく自由にキャンプを楽しめることです。大自然の中で、好きな場所を見つけてどこでも自由にサイトを組めます。イメージ通りに空間を活かすことが出来るのでとことん自分のキャンプを楽しめます。ただしサイトをむやみに広く使うと他のキャンパー達の迷惑になり、自分自身も移動で体力を消耗してしまうので、注意が必要です。また、設備面では電源設備がないなど制限はややあるものの、その分低価格で大自然を満喫できて、非日常の空間を楽しめるなどメリットも豊富なキャンプ場です。

キャンプ場の設備・施設

売店

新やガソリンなど重い消耗品は売店を利用すると便利です。またうっかり忘れた調味料、こまごました品もそろえることが可能でキャンプ時に重宝すること間違いなし。

シャワー・温泉

テントを張る際の汗、キャンプでのバーベキューで体についた煙の臭いをさっぱり洗い流すことが可能。気持ちよくキャンプを楽しむことを可能とする設備です。ただし、シャワーやお風呂の使用時間はあらかじめ決められている場合が多いので要チェック。

炊事場

野菜洗いに米研ぎなど何かと便利な炊事場。雨天時でも気にせず火が焚ける、屋根付きの炊事場がオススメ。他のキャンパーの方達のことも考え、綺麗に使いたいところ。

トイレ

キャンプサイトから近い場所がトイレがあるかもポイント。

 

初心者はオートサイトがオススメな3つの理由とは?

テントやタープを張って大自然を満喫することが出来るキャンプ場。中でも初心者の方にはオートサイトがおすすめ。その理由を3つご紹介します。

1 駐車場とテントがセットなので車で乗り入れることができ、道具の搬入がラク。重い荷物を長時間運び続ける手間がないため、その分体への負担が少なく済みます。

2 サイトをコンバクトに組めて無駄がない、撤収も簡単。設営、撤収する時間が短く済むため時間を気にすることなく、心ゆくまでキャンプを楽しむことが出来ます。

3 電源設備付きのサイトがある。電源設備があるサイトだとアウトドアでも炊飯器が使えて炊事に失敗せず、冬は暖房器具でポカポカ。寒さを気にすることなく快適に過ごすことができます。

キャンプ場を選ぶ際には、最初はお風呂や水洗トイレ等水回りが完備されたところがおすすめ。たとえアウトドアでも快適さはとても重要です。場数を踏んだ上で「景色が良い」「海に山、湖」と、自分のイメージを膨らませ、さまざまな大自然でのキャンプに挑戦しよう。

ネット?雑誌?どこから探す

ネット派

情報収集の手段としてインターネットがあります。手軽にキャンプ場付近の施設やアクセスなど調べることが可能です。また、実際に現地で体験した人の口コミや施設の評価なども見ることが出来るため様々な要素から総合的にどのキャンプ場にするか判断することが可能です。ただし、情報が豊富すぎたり逆にほぼ口コミや評価がなく判断に困る場合があるなど、得られる情報量にばらつきがあります。

雑誌派

アウトドア雑誌などを購入して調べる方法です。あらかじめおすすめのキャンプ場がいくつかに絞られたうえで、どのような設備があるか、見どころなど記載してあるので自分に合ったキャンプ場を探しやすいです。また雑誌編集部の評価も見れるのが魅力。

キャンプ選び、予約のススメ

1 ネットや雑誌でキャンプ場の情報を集める。

何事もまずは情報収集が先決。トイレは水洗式か、近隣に食材調達できるスーパー、コンビニはあるかなど、キャンプ当日を想定して入念に調べましょう。

2 予約はできるだけ早めに

混雑期のキャンプ場は何か月も前から予約が埋まります。行きたいキャンプ場が決まったら、できるだけ早めの予約を心がけましょう。予約はネット上でも可能ですが、実際に受付の人と会話ができる電話予約がおすすめ。現地の詳しい情報や疑問点などあれば直接聞くことができます。

3 準備は前日までに済ませよう

出発直前に慌てることがないように、準備は前日までに全て済ませておきましょう。キャンプ用品のキズや汚れのチェックも忘れずに。消耗品、燃料の残り具合なども一緒に確認しておくと良いです。

4 当日は余裕をもって早めの行動を

キャンプ場までの道のりで渋滞に巻き込まれると事前に組んでおいた全ての予定が遅れ、乱れてしまいます。交通情報をこまめに調べて安全運転、余裕をもって早めに出発しましょう。

-キャンプ場・施設・設備

Copyright© キャンプマニア , 2020 All Rights Reserved.